ギャンブル金融のチラシについて

ギャンブル金融のチラシについて

パチンコ金融や競馬金融、ポーカー金融などでの営業活動の一つに、チラシがあります。

 

通常のヤミ金は不特定多数にチラシを配布するものですが、ギャンブル金融はギャンブル施設周辺で営業活動をすることが多いです。お金に困っている人はギャンブル施設周辺にたむろしていることが多いので、そこで重点的に営業活動をした方が効率的なのです。

 

消費者金融のチラシを見てみますと、貸金業登録番号や金利、限度額に電話番号、住所など多くの事柄が記載されています。一方ギャンブル金融のチラシには、さほど多くのことは書かれていません。書かれていても「軍資金貸します」というようなシンプルかつダイレクトに響いてくる言葉と、電話番号くらいです。

 

ギャンブル金融は、お金を貸すのも返済をするのも、基本的にはギャンブル施設で行うことがほとんどですので、住所を記載する必要がありません。というよりも、携帯電話1つで営業しているようなギャンブル金融が多いので、特定の住所は持っていないのが通常です。

 

金利はチラシに書かれていませんが、パチンコ金融よりも競馬金融、競馬金融よりもポーカー金融の方が高金利で、ポーカー金融になると1秒で1割なんてありえない金利も当たり前です。

 

こういった闇金融から借りると様々な問題を引き起こしかねないので、お金のことで困ったら借金整理のための弁護士相談を活用してください。